藤枝市・島田市・焼津市でホームページ制作・作成するならLIFESEEDSへ

こんな疑問をお持ちのあなたへ
  • wordpressのカテゴリの名前ってどうやって付けたら良いの?
  • カテゴリーを設定のルールを知りたい
  • カテゴリーってどうやってつくるの?
  • カテゴリーの編集するときの注意点を知りたい

というお悩みに答えます。

SPONSORED LINK

WordPressのカテゴリー設定方法と編集方法を説明します

wordpressのカテゴリーの一番の目的は記事をカテゴリー化して「wordpress」というカテゴリーの中に入っている記事は「wordpress」に関する記事です。ということを明確化して、読者にもgoogleにも分かりやすい構造にすることです。

分かりやすい構造にすることで、興味のある関連した記事を見ることができるようになります。

カテゴリー別に分かれていない場合には、記事を探すのも大変になってしまうので、ユーザーも離脱しやすくなってしまいます。

では、カテゴリーの作成手順から編集方法、注意点などのポイントを説明していきます。

カテゴリー名の考え方

カテゴリーはなんでもつければ良いというものではなく、誰が見ても分かる名前にする必要があります。

例えば「マグカップ」というカテゴリならマグカップに関する記事が登録されているんだな。とイメージすることができます。

また、「マグカップやお茶や紅茶やジュース」というようなカテゴリーにしたり「マグカップと生活」みたいなカテゴリーだと、なんの事が書いてあるのか全くイメージが付きません。

ユーザーが見て分かりやすいカテゴリー名を意識するようにしましょう。

SPONSORED LINK

カテゴリーの作成方法

カテゴリを設定するには、左メニューより「投稿」→「カテゴリー」をクリックします。

カテゴリーの作成方法

 

カテゴリページでは、下記項目がありますので、どのような意味合いがあるのかそれぞれ説明します。

  • 名前
    カテゴリーの名前を入力します。読者が判断できるように分かりやすい名前にしましょう。単語が望ましいです。「SEO対策」や「googleアナリティクス」という感じ。
    「SEO対策に関するカテゴリー」←こういうカテゴリー名は良くない例です。
  • スラッグ
    スラッグとはURLの一部になります。ここは、半角英数で記入するようにしましょう。
    例:https://www.lifeseeds.biz/google-analytics/
  • 親カテゴリー
    親カテゴリーは、作るカテゴリーがどのカテゴリーに属しているのか。を定義するために使用します。
    例:Wordpress(親)の中に wordpressテーマ(子)があるという感じ。
  • 説明
    使用するテーマによって異なりますが、基本的には「説明」はあまり入力することはありません。

「新規カテゴリーを追加」をクリックすると、右側のカテゴリー名の一覧に、今作ったカテゴリが加わっていることが確認出来ると思います。

カテゴリーの作成方法

記事の新規追加画面でカテゴリーを設定する方法

新しく記事を書く時に、右側にあるカテゴリーの中に、作成したカテゴリー名が並んでいるので、記事に該当するカテゴリーを選択します。

そうすることで、そのカテゴリーの一覧ページを開いたときに、同一カテゴリーに属した記事の一覧を表示することができます。

記事からカテゴリーを設定する方法
SPONSORED LINK

記事の新規追加画面からカテゴリーを新しく作る方法

カテゴリーは必ずしもカテゴリーページからじゃないと作れないということはなく、記事を作成している画面からでも作れます。

記事を書いていて属すカテゴリーがない!という場合に、とても重宝します。

方法は、「新規カテゴリーを追加」という文字(赤く囲っている部分)があるので、クリックします。

記事の新規追加画面からカテゴリを新しく作る方法

 

「新規カテゴリーを追加」の下に、空白の入力欄(1)と–親カテゴリー–(2)と新規カテゴリーを追加(3)のボタンが表示されるので、追加方法を順に説明します。

  1. 空白の入力欄に、追加したいカテゴリー名を入力します。(日本語でOK)
  2. 作るカテゴリーが何かのカテゴリーの小カテゴリーなら親となるカテゴリー名を選択します。
  3. 新規カテゴリーを追加を押すことでカテゴリーを新しく作ることができます。
注意

記事入力画面からカテゴリーを作ると「スラッグ」を決める事ができません。スラッグはできれば半角英数の方が良いので、結局カテゴリーページから作ったカテゴリー名を修正しスラッグを入力しましょう。

記事の新規追加画面からカテゴリを新しく作る方法

カテゴリーを修正する方法

カテゴリーページを開き、カテゴリ一覧の中から該当のカテゴリにマウスカーソルを合わせます。

すると、カテゴリー名の下に「編集」「クイック編集」「削除」「表示」という4つのボタンが表示するので、「修正」をクリックします。

カテゴリーを修正する方法

カテゴリーの編集画面

カテゴリーの編集画面に切り替わるので、「名前」「スラッグ」「親カテゴリー」を任意の情報に書き換えましょう。編集したら、最下部に青い「更新」ボタンがあるのでクリックすることで修正可能です。

カテゴリーを修正する方法

カテゴリーのクイック編集とは?

カテゴリーの一覧画面で「クイック編集」を押すと、下記画像のように切り替わります。

クイック編集では「名前」「スラック」の2つを変更することができます。親カテゴリーを修正したい場合には、編集画面に入らないといけないのですが、「名前」と「スラック」だけであればクイック編集で修正可能ということです。

カテゴリーのクイック編集とは?

カテゴリー削除する方法とカテゴリーに属する記事の動きを説明します

カテゴリーを削除する方法は、一覧ページで表示したボタンの中に「削除」があるので、クリックすることで削除可能です。

削除されたカテゴリーは復活させることができません。注意です。

カテゴリーを削除することによる記事の動きを説明します

  • 削除したカテゴリー内に属していた記事は削除されません。
  • 複数のカテゴリーに属していた記事で、そのうちのひとつのカテゴリーが無くなった場合には、削除されたカテゴリーのみカテゴリが外れ、他のカテゴリーはそのまま継続してカテゴリーに属すかたちになります。
  • カテゴリーがひとつしか選択されていなくて、そのひとつを削除した場合には、デフォルト設定してあるカテゴリーに改めて属すかたちになります。
カテゴリー修正 or 削除する時にやってはいけないこと!

カテゴリー削除する時にやってはいけないこと!

削除しようとするカテゴリーが既にgoogleにインデックスされている場合には、いきなり削除するとエラーとしてgoogle search consoleから注意されます。

その場合には、カテゴリー編集画面より「noindex」設定をして、indexされなくなるのを待ち、その後削除しましょう。

※noindexはgoogleにindexさせないようにするための定義タグです。

※下記画像のnoindex設定に関してはSEOツールプラグイン「Yoast SEO」というものを利用しています。

カテゴリー削除する時にやってはいけないこと!
SPONSORED LINK

カテゴリーとタグの違い

カテゴリーとタグが違うところは、下記のような要素がそれぞれ異なります。

カテゴリーは、明確に異なるジャンルを設定することで、読者に分かりやすい構造になり、回遊性が増します。

一方のタグは、ジャンル別にするような情報ではなく、もっと細かい要素を設定するためにあります。

カテゴリーもタグも、それぞれ一覧ページがあり管理しやすいのはあるのですが、カテゴリーから記事を探す人の方が圧倒的に多いです。

例えばこの記事の場合には、カテゴリーが「ブログ開設方法」というカテゴリーに属してリ、タグは「カテゴリ注意点」や「設定方法」というような感じにしています。

タグはキーワードの集まりなので、カテゴリーのように親や子という概念がありません。

投稿用カテゴリーの初期設定する方法

投稿用カテゴリーの初期設定と聞いてもピンと来ないかもしれませんが、これを設定すると新しく記事を書こうと新規追加ページに移動した瞬間に、自分自身で選択しなくても、カテゴリーにチェックが付いている。という事が可能になります。

当面はこのカテゴリの記事を書く。という時には毎回カテゴリーを選択しなくて済むのでぜひこの設定をしておきましょう。

投稿用カテゴリーの初期設定する方法

カテゴリーを作ったけど、表の画面でカテゴリー名が表示されない

初心者にあることとして、カテゴリーを作って管理画面にはちゃんと表示しているのに、表の画面のカテゴリ一覧には表示していない。ということが時々あります。

しかし、カテゴリーに属した記事がない場合には、表の画面にカテゴリー名が表示しないので、wordpressの仕様として正解なので、その場合には記事にカテゴリーを設定しましょう。

SPONSORED LINK

カテゴリーの表示順を変更したい場合

カテゴリーの順番をどうしても変更したい場合には「Category Order and Taxonomy Terms Order」というプラグインを使用することで簡単に順番を変更することができます。

まとめ:誰にでも分かりやすく名前をつけましょう

本記事はカテゴリーの作り方や修正・削除という操作方法について説明しましたが、一番大切なのは作り方を覚えることではなく、ユーザーに分かりやすいカテゴリー名にすることです。

ユーザーが、このブログに求める記事があるかなーとカテゴリー一覧を見たときに判断しやすい名前になっていることは重要です。

プロフィール

こまいたつお
静岡県島田市でフリーランスとして活動するwordpressエンジニア・ホームページ制作・コンサルティングをしています。

中小企業・店舗のホームページ制作や集客コンサル・アドバイス、ブロガー・アフィリエイター様のWordPressサイトのカスタマイズなどのご相談を受けております。お仕事のご相談はお問い合わせページからお願いします。