SEO業者の選び方!知っておかないと痛い目にあう!注意確認項目9つ

社内で、ホームページ運営チームが発足!素人なんだけど、会社の売上を出すためにこれから頑張らないといけない!という方々。少なく無いと思います。

とりあえず「SEO対策」・「SEO対策 業者」・「SEO対策 会社」なんてキーワードで調べるかもしれません。そしてとりあえず、検索でひっかかった上位の業者に連絡してみてお願いしようか。なんて流れになるのかなと思います。または、タイミングが良いのか悪いのか、電話でSEO対策の営業をしてくる業者もいます。

その時に、ある程度の知識は付けておかないと、言われるがままに実行され、結果が伴わない場合があるので注意が必要です。どういった視点で見て業者を選べばいいのか。どうすれば良い結果を得られる業者を選ぶ事ができるのか。を、web業界に15年いる僕が説明していきたいと思います。

SEOをしっかり認識しよう!

SEO対策というワードが先行していて、お客様とお話しをすると、SEO = 上位表示と認識している人が多すぎなような気がします。

SEOは「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジン最適化という意味です。検索エンジンが推奨している構造として理解しやすい形に最適化されているかどうか。という事です。対策を施すと検索エンジンにとって読みやすく分かりやすいサイト・ブログになるので、しっかり施されていないサイトやブログに比べると、上位表示されやすくなる可能性はあります。

※ SEOが施されていないサイトやブログでも上位表示される可能性は十分にあります。(被リンクでライバルを上回っている場合やその他の様々な要素によりますが…)

現在のgoogleはコンテンツ重視!

googleのアルゴリズム:ペンギンアップデートは、不正なSEO対策を行い上表示を狙っているサイトの順位を落とし、逆に閲覧者にとって良い情報が書かれたサイトを上位に持っていく改善が施されたアップデートになっています。

つまり、googleはコンテンツ重視としており、検索して入ってきた人に対して満足な結果を返せるページになっているか?より良い情報が書いてあるか。というところをしっかりと判断しているということになりますね。

本屋で例えると…..

本屋さんでは、大抵の人が背表紙の題名で本を手に取ると思うのですが、内容が伴わない本にそれらしいタイトルを付け、お店の人に協力してもらって目立つところに置いてもらう!

こういうことなんです。

手に取ってみたはいいものの、求めている本と全然違うしーなんて事になったら嫌ですよね。googleはユーザー(お客さん)に嫌な思いさせない為に、日々努力して違法行為をするサイトを省いて、しっかり情報を提供している人に日を当てようじゃないか!ということなんですね。本来あるべき姿ですよね。

SEO対策しませんか?の電話営業は慎重に!

電話営業してくるSEO対策の会社はすべてが悪いとは言いませんが怪しい会社があるので注意が必要です。

いかにも凄そうな事を言ってくるが、とりえず全て信じない!

電話営業してくるSEO対策業者に対しては、とりあえず全てを信じない方が懸命です。もちろん全てが全ての業者がダメ!という訳ではありません。電話をしてくる業者の中には素晴らしい業者だってあると思います。だからと言って全てを信じこむのは怖い部分もあります。分かりやすく噛み砕いて説明してくれますが、その情報っていつの情報?という事もあります。業者なのに無知かよ!と。

僕がサポートさせていただいているお客様のところにも、SEO業者から頻繁に電話があるそうです。

自社で管理できる安全なリンクを定期的に狙ったキーワードで記事を書いて投稿していきます。ドメインレベルも高いし、1被リンクの効果は大きくお客様の順位に貢献します。

と言われたそうです。

そもそも、安全なリンクって!!!ペナルティ食らったら順位が下がるどころか、最悪の場合は検索エンジンから被リンクスパムと判断されれば表示すらされなくなります。怖いですねー。

業者がリンクを操作して検索エンジンで上位を狙うということは、いわゆるリンクファームです。このリンクファームはGoogleがガイドラインの違反として扱っている手法です。

googleは「有料リンクを報告」というページ(フォーム)もしっかりと設けており、スパム行為を通知してもらい改善する流れも整えています。この他にも通知としては「フィッシング 詐欺サイトを通知する為のフォーム)」・「マルウェア などの感染報告」など様々な通知手段があります。誰かに告発されて調査され、google的にアウトと判断すれば検索エンジンで順位が落ちたり消えたり・・・となってしまいます。

と、少し脱線してしまいましたが、被リンク対策というキーワードが出てきた時点でアウトと思ってください。

 何はともあれ実績!

電話営業に対してよく言われることは、SEO対策の会社なのに、電話代も人件費も多く掛けている現状。ということはSEO対策で実績を出せてない!ということになりますよね。SEO対策を施して検索エンジンから評価される仕組みがあるのであれば、自社で対策をして集客が出来るはずですよね。

なぜ電話営業があるのでしょうか。単純に成功していないからです。何回も繰り返しますが、全ての業者が悪いということはありません。本当にお客様のことをおもって改善をした方が良い!と思って電話してくれているかもしれません。

その際は、必ず実績を見せてもらいましょう。

しかし過去の成功実績はダメ!

web業界の進化はめまぐるしく、日々状況変化しています。

この業界のSEO実績なんて実はあまり当てにならないんです。1年前に「○○ ○○○」というキーワードで1位になりました!同じように施して順位あげちゃいましょう!なんて言われてもダメです!絶対!

SEO対策の実績を信じていいのは、今の現状だけです!もうちょっと猶予を考えたとしても3ヶ月前までです。僕なら1年前の実績を持ってこられたら、即断ります。今(過去3ヶ月位)の実績見せれるように出直してこい!ってね。

※酒場で昔の自慢話をしているおじさん達と一緒です(涙)

完全成功報酬型は実は怖い

成功報酬という名前の通り、一定の順位以上にならなければ、代金はいただきません!というサービスですね。

社長!お金もあまり掛からずに上位表示してくれるっていうサービス見つけました!上位表示されたらお金かかるみたいなんですが、上位表示されたら、お問い合わせも増えると思いますし、コスト抑えながらSEO対策できるって魅力的だと思うです!

よし!やってみようか!

というとちょっと待った!です。

この社員Aさんも社長も一見安いと思う費用だけしか見ていませんね。実はこのサービスは本来かけなくて良い費用を支払うことになる。という場合があるのです。

例えば、出来たばかりのホームページに対して、成功報酬の提案をされた場合には、特に気をつけましょう。

「会社名」または「地域名+会社名」なんていうキーワードは、よっぽど多くの同名の会社がない限りは、少しの月日があればほぼほぼ1ページ以内に上がってきます。

それを、知識がないことをいいコトに、seo対策の効果です!なんて言われてしまい、上位表示されたから費用をいただきますね!なんて事にも成りかねません。

内部構造やコンテンツまでしっかり見直ししてくれるか?!

上記でも説明したように、外部要因の被リンクばかりの対策を進めてくる業者は論外です。

コンテンツの見直しまで積極的に行ってくれる業者を選ぶ必要があるのです。

なぜなら、検索エンジン対策で上位表示必要な要素として、googleはこのような基本方針を提示しています。

基本方針

  • 検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
  • ユーザーをだますようなことをしない。
  • 検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
  • どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

お客様(ユーザー)に対しての利便性や独自性・価値・同業他社との差別化を図ることが大切です。ということは、やはり自分(自社)で情報を発信をしていく必要がある。ということが重要とわかりますよね。

なので、業者に入ってもらう際には、しっかりとホームページの内部まで見てアドバイスがもらえるか。作業をしてもらうことができるのか。を確認する必要がありますね。

その改善方法を認識していないSEO業者は危険なのでgoogleの基本方針について認識しているか、それに基づいてどのくらいサポートしてくれるかをしっかりと聞いたほうが良いですね。

また、逆に「次のような手法を使用しないように」という案内もしっかり提示してくれています。

具体的なガイドライン(次のような手法を使用しないようにします)

  • コンテンツの自動生成
  • リンク プログラムへの参加
  • オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
  • クローキング
  • 不正なリダイレクト
  • 隠しテキストや隠しリンク
  • 誘導ページ
  • コンテンツの無断複製
  • 十分な付加価値のないアフィリエイト サイト
  • ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み
  • フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった意のある動作を伴うページの作成
  • リッチ スニペット マークアップの悪用
  • Google への自動化されたクエリの送信

本記事で特に注意喚起している被リンクサービスについて、2個目に「リンクプログラムへの参加」としっかり書いてありますね。

このリストの中のものに対して提案があったら、それももちろんNGとして判断してくださいね。

個人的には自作被リンクは不要!

よく目にするのが、1日もしくは2日に1本被リンクを貼っていけばスパム扱いされずに多くの被リンクを稼ぐことができる!なんて説明をしている業者がいますが、もってのほかです!

そもそも、自作被リンクはNG!

自作被リンクを自然に貼られているように見せるために、100本のリンクを1日で貼るよりは1日〜2日に1本づつ貼ったほうが、自然だよね?という単純な発想から来た手法です。

今はそれで効果があるのかもしれせんが、今後必ずと言って重要度が落ちる要素です。今だけを考えればそのような対策は有り?なのかもしれませんが、いつの日にか被リンクの重要度が下がった時に、一気に検索エンジンの順位がガクンと下がってしまいます。

リンクだけに頼っていると、いつか痛い目にあうので注意してくださいね。

まとめ

まとめるに、こういうことです。

  • 電話営業は基本的には疑うこと
  • SEO業者の今現在の実績を見せてもらうこと
  • 成功報酬の話には乗らない
  • 同業他社の実績があるかどうかを確認すること
  • コンテンツの見直しを図ってくれるかどうかを確認すること

結局のところは、外部のリンクも今は大切かもしれませんが、googleが言っているように、数年後には被リンクの効果、重要度は薄れてきます。そうなった時に、コンテンツがしっかりしていない限りは、やはり上位表示というものは難しくなってきてしまいます。

やはり他力本願ではいけなくて、自社でしっかりとしたコンテンツや情報を閲覧者(お客さん)に対して発信してあげること。が大切になってきます。

それが結果的に検索エンジンでの上位表示につながり、集客が期待できるということですね。

自分たちにしか書けない、お客様への情報を配信していきましょう!

地道な活動、行動が実を結びます。大着はしないことです!

担当者さん、Fight です !!

ホームページの売上がなかなか伸びない。

どうしたら売れるホームページになるのか分からない。

そのようにお考えのあなたに、是非読んでいただきたい!

15年間のノウハウと実績から得たホームページ改善ポイントをまとめました!

超オトクな特典付き!!!

無料ダウンロードはコチラ
売上アップ間違いなし!34個の改善ポイント