【写真整理】絶対安心!写真管理する3つの方法!

撮った写真を管理するのって意外と大変ですよね。最近のスマートフォンも解像度が高くその分1枚の容量も大きくなってしまいます。一眼レフで撮った写真なんかは更に大きいですよね。HDDでの管理や印刷して管理、またはクラウドを使っての管理など方法は様々ありますが、それぞれのメリットとデメリットを紹介したいと思います。

写真の管理方法

写真を見直すときに、あの写真いつ撮った写真?どこで撮った写真?と思い出すのも日が立つにつれ大変になり、目的の写真を探すのに苦労してしまいます。

写真の管理の仕方は、日付_イベント名というフォルダに入れると一気に管理しやすくなります。

例えば、ディズニーランドに行った写真をフォルダに入れ管理する場合は、
150309_家族でディズニーランド」 というフォルダを作るとフォルダを見ただけで判断出来ますね。

HDDやDVDで管理する

HDDで管理されている方も多いと思いますが、一番楽ですよね。SDカードをパソコンに移すだけですし。でも、本当にHDDでの管理っていいのかな?メリットとデメリットを挙げてみました。

メリット

HDDで管理する場合、一番にラク!という事がありますね。写真を印刷したい時もすぐに取り出すことが出来、フォルダ名やファイル名の管理のみしっかりしていればすぐ見つける事もできるのではないでしょうか。

DVDでの管理もオススメです。HDDの容量も圧迫しませんし、DVDのスペースもそんなに要りません。

デメリット

HDDはいつ破損してしまうか分かりません。大切なデータが全て消えてしまった事を考えると、今すぐにでもなんとかしたいですね。

DVDも同様にいつ読めなくなってしまうか分かりません。2〜3年に一度、DVDを焼き直しする必要はあるかと思います。

アナログ的に管理する

アナログ的に管理と言っても沢山の方法があると思いますが、一番良いとされているアナログ管理は、全て印刷し、アルバムに入れて管理をする方法です。

メリット

アルバムは自分の好きな順番で、好きな写真だけを入れて管理出来ます。写真部分にペンなどでコメントなどもつけるととても楽しいですね。

デメリット

数年後にこの写真を複製したいとなった場合、元データが無いと、写真をスキャンするしかありません。スキャンするとどうしても汚くなってしまうので、拡大写真を作成するのは難しいです。また、アルバムで管理ということは、大量のアルバムが必要になり大変なスペースが必要になってしまいます。

クラウドで管理する

クラウドサービスというのは、自分のパソコンでも印刷する方法でも無く、企業のサービス上で写真やデータを管理するサービスを言います。有名なところだと、appleが運営している「icloud」というサービスが有名ですね。

メリット

どこに居てもネットワークさえ繋がっていれば写真を呼び出して閲覧することが出来ます。とっても便利なサービスですね。

デメリット

有料で契約している場合は、ほぼほぼ大丈夫ですが、無料サービスを利用しての管理の場合は、いつサービスが停止してしまうか分かりません。時々使う感じならいいと思いますが、無料サービスに全ての写真データを預けてしまうのは危険と考えます。注意して使用しましょう。

まとめ

いかがでしたか?
写真の管理は手間も掛かりますが、大事なデータを取っておくには、しっかりとした管理がどうしても大切です。

この記事を書きながら思った、一番良いと思う管理方法は、HDDとDVDでの管理です。HDDが破損してしまった場合でもDVDから復旧できますし、DVDも定期的に焼き直せば大事なデータが消えてしまうということもないでしょう。

自分にあったデータ管理を見つけて実践してみてくださいね。

ホームページの売上がなかなか伸びない。

どうしたら売れるホームページになるのか分からない。

そのようにお考えのあなたに、是非読んでいただきたい!

15年間のノウハウと実績から得たホームページ改善ポイントをまとめました!

超オトクな特典付き!!!

無料ダウンロードはコチラ
売上アップ間違いなし!34個の改善ポイント