パソコンからインスタグラムへの投稿・アップロードがやっと可能に!

今までinstagramの投稿はスマホのアプリからしか対応していませんでした!ですが、やっとパソコンから、無駄な環境を用意せずとも、アップロード(投稿)することが可能になりました!

僕もそうですが、写真を撮ることが趣味!という人の多くがパソコンで加工しているので、パソコンからシェア(投稿)できたらどれほど楽か!と毎回の様に思っていました。同じように考える人も少なくなかったんじゃないかなと思います。

今までもパソコンからinstagramへ投稿する方法はいくつかありましたね。

実際検索すると、あらゆる方法でパソコンからアップロードする方法を解説しているブログが見つかります。

しかし、どれも面倒くさい。

パソコン(windowsやmac)にシミュレータをインストールして、アンドロイドをインストールしてアプリをインストールしてインスタを起動して….実際に可能ではありますが、素人には敷居が高い!

そこで、今回は、超超超簡単に、パソコンからインスタグラムにアップロードする方法を説明していきたいと思います。

為になったら是非シェアお願いします~♪

今までパソコンからアップロードできなかったのに、なぜ可能なの?

2017/5/8(現地時間)に、米Facebook傘下のInstagramの写真共有サービス「Instagram」で、スマートフォンのWebブラウザからの画像投稿ができるようになった。

techcrunch.com : Instagram launches mobile web sharing to pursue global growth

と、発表がありました。

なので、アプリからじゃなくてもインスタグラムにスマホからのブラウザと判断されれば、投稿可能!と言う訳なんです。

パソコンのブラウザからアップロードする方法

パソコンのブラウザ(Google Chrome)で、普通にインスタグラムにアクセス・ログインします。

今回は、Google Chromeを使っての解説ですが、FirefoxやInternet Exprore、safariでも同じことが可能です。

この状態では、インスタグラムからしてみれば、パソコンからのアクセスということで、今まで通りアップロードするボタンは有りません。

 

 

画面内のどこでも良いので、右クリックし、「検証」をクリックします。

 

 

Developer Toolsというウィンドウが開くので、画像にあるように、「Toggle device toolbar」をクリックします。

このToggle device toolbarとは、スマートフォンやタブレットで閲覧した時にどの様にホームページが見えるのか、調査するための機能です。デベロッパーツールと言い、開発者向けの機能になります。この機能を使ってスマホ用に切り替えてしまうという魂胆です!

 

上部にある選択から、「iphone6」を選択します。するとスマホ用に切り替わります。(iphone6でなくても大丈夫です。使いやすいように試してみてください)

 

 

画面一番下に、カメラアイコンがあるので、クリックします。

 

 

画像を選択していきます!

 

 

画像を選択したら、「次へ」をクリックします。

 

 

コメントを書いて、「シェアする」(全部見えてない笑)をクリックします。

 

すると、シェアしています…と表示されるので、少し待ちます。

 

 

無事、シェアできました!

今までで一番簡単で、誰にでもできる方法ですね。

注意

  • 複数枚の写真をまとめてアップロードすることはできません。
  • 長方形(横長でも縦長でも)の画像はアプリ同様に、全部を表示することが可能です。

まとめ

内容をまとめると、ブラウザを使用し、検証(デベロッパーツール)モードで、スマートフォンとして閲覧することでパソコンからでもインスタグラムにアップロードすることができる!という内容でした。

今回は、Google Chromeを使っての解説でしたが、FirefoxやInternet Exprore、safariでも同じことが可能です。

少しでも為になったらシェアしてくれると嬉しいです~♪

ついでにinstagramのアカウントもフォローしてもらえると嬉しいです♪

ジャンジャン!