藤枝市・島田市・焼津市でホームページ制作・作成するならLIFESEEDSへ

ブログを運営していて、悩みの種は、多くの人に見てもらうにはどうしたらいいんだろうか?という事ですよね。誰しもが思うことだと思います。簡単にアクセスを増やす事が出来たらいいですよね。今回はアクセスを簡単に増やす最も簡単な方法をお教えします。(体験済み)

僕の場合は約3倍くらいのアクセス数を稼ぐ事が出来ました。一度バズるとその後はアクセス数が底上げされDAYアクセスが増える傾向にあります。僕の場合は少しですが、DAYアクセスが上がっています。

では、いってみましょー!

SPONSORED LINK

結論:インフルエンサーに興味をもってもらう事!

さっそくの結論から言ってしまいます。

そう。インフルエンサーに興味をもってもらい、その人にシェアなりツイートなりをしてもらうこと!そうすれば、その人のファンが大量にブログに流れ込んできます。芸能人もそうですよね。この商品が良いよ!なんて言ったらそれを聞いた人々はこぞって購入し始めます。

インフルエンサーとは?
「インフルエンサー」(influencer)とは、「Influence」(影響、感化、作用の意)を語源とする言葉で、他者や一般社会に大きな影響力を及ぼす人や事物のことを指します。近年では、とくにインターネットマーケティングの分野で使われ、ブログや動画サイト、ソーシャルネットワーキングサービスを始めとするCGM(Consumer Generated Media/消費者発信型メディア)において、他のユーザーへの“クチコミ”の影響力が大きいキーパーソンのことをインフルエンサーと呼びます。
by : weblio

でも、そんな簡単にシェアとかリツイートとかしてくれる訳が無いですよね。どうしたら、興味をもってもらえるのでしょうか。僕が行った手順を書いていきます。

自分の興味のあるジャンルのインフルエンサーを集める

twitterやfacebookなどで自分の興味のある分野でのインフルエンサーをピックアップします。ひとりでは無く、5人〜10人ほどピックアップするのがコツです。

SPONSORED LINK

興味のあるジャンルについて記事を書く

そのジャンルについての記事を書きます。自分の興味があるジャンルなので記事を書くのも苦では無いはずですし、インフルエンサーの方々が読んだ時にも、自分がそのジャンルについて好きなんだなぁ〜というのが伝わります。

ココで注意しなくてはいけないことは、興味のないジャンルを扱わないと言うことです。すぐに見破られてしまいます。適当なこと書いてるなぁなんて思われたら、シェアやツイートをしてくれる確率はグンと下がってしまいます。

インフルエンサーの事を記事内に入れる

インフルエンサーの事を記事にします。書き方は何でも良いのですが、褒められると人は気持ちよくなるので、褒め殺しますw

もちろん、本心からそう思っていないと失礼ですね。アクセス稼ぎの為だけに褒めるのは違うと思います。

ピックアップした5人〜10人の方々を評価してみたり、自分なりのランキングを付けてみたり、いろいろなテーマで紹介するといいかもしれませんね。

それと、やりたくはありませんが、否定的な事を書くと反発心が生まれ、インフルエンサーがアクションを起こす可能性もありますが、炎上すると怖いのでオススメしませんw

SPONSORED LINK

記事にして公開したら、インフルエンサーに伝えます

twitterであれば、インフルエンサーのアカウント名「@lifeseedsbiz」の様に本文に入れながら、ツイートしたり、丁寧に行うのであればメッセージで記事を書かせて頂きました〜なんてアクションを起こしてもいいかもしれませんね。

待ってるだけでは起きるバズも起こす事はできません。

もちろん10人全員がアクションしてくれる訳ではありませんが、そのうちの1人でもツイートやシェアをしてくれたら、多くの人がブログに流れ込んできます。冒頭でも書きましたが、僕の場合は通常よりも3倍のアクセスが流れてきて、インフルエンサー凄い!!と改めて思った瞬間でした。

意外と簡単に、バズを起こすことができるので、試してみてはいかがでしょうか?

※記事中にも書きましたが、アクセス数を集める為だけに褒めるとかというのは違うと思うので、本心からそう思っているよというのを書きましょう♪

では、この辺で〜!byebye!!

プロフィール

こまいたつお
静岡県島田市でフリーランスとして活動するwordpressエンジニア・ホームページ制作・コンサルティングをしています。

中小企業・店舗のホームページ制作や集客コンサル・アドバイス、ブロガー・アフィリエイター様のWordPressサイトのカスタマイズなどのご相談を受けております。お仕事のご相談はお問い合わせページからお願いします。